2012年12月29日

いい唄にいっぱい触れて、どんどん舞台に出てほしいです

dancers.jpg
(お弟子さんたちが、太鼓踊りに挑戦しているところです)

貴世旵(きよてる)会は、お弟子さんたちに新しい曲をどんどん教えますし、
舞台にもどんどん出てもらう、という考え方です。
「舞台に出てこそ芸は磨かれる」と思っていますので、
とにかく舞台経験を積んでほしいのです。

民謡のお教室では、何年もかけて1曲だけを教え、
身に着けさせるところもあると聞きます。
それはそれでもちろん、良い面もあるはと思いますが、
3年というまとまった年月があれば、その人にとっては
その1曲よりももっと自分に向いているかもしれない唄に
出合える可能性があるのです。

単に、私がせっかちなだけかもしれませんが(笑)、
人生は1回こっきりですので
唄にめぐり合う機会が少ないのはソンだなあと思うのです。

ですから、私としてはいろんな唄にいっぱい触れてほしいのです。

ひと口に「民謡」といっても、
東北の特徴だったり、西の特徴だったり、
北海道の特徴だったり、いろいろな唄があります。
粋なお座敷唄が向いている人もいれば、
元気な盆踊りの唄が向いている人、
素朴で温かみのある作業唄が似合う人もいるでしょう。

民謡にはたくさんの種類、たくさんの唄がありますから、
自分の雰囲気や声質にぴったりのものが必ず見つかります。

たくさんの唄を聴いたり覚えたり、練習していく中で、
「自分はこの唄が好き」「唄っていてぴったり来る!」
と感じられる唄に、きっと出合えますよ。

shiami2.jpg
(貴世旵会じまんの綺麗どころです^^)
posted by 駒和美 at 03:00 | TrackBack(0) | 貴世旵会のお稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310260015

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。