2012年12月29日

美波駒和美(みなみ こまかずみ) 経歴

prof.jpg

【プロフィール】
・美波流 鳴り物師範/藤本流 三味線大師範/添田流 囃子言葉師範
 鳴り物演奏者としては美波駒和美(みなみ こまかずみ)
 三味線演奏者としては藤本秀旵美(ふじもと ひでてるみ)
 添田流囃子言葉では添田賀都美(そえだ かずみ)の名で活動をしております。
また、民謡の師匠であった祖母、初代 貴世旵(きよてる)から名を受け継ぎ、
 二代目 貴世旵(きよてる)としても活動させていただいています。

・現在は長唄囃子(小鼓等)、端唄、俗曲の修練を積んでいます。

・テレビ、ラジオ、ステージ等に、鳴り物伴奏等で出演させていただいています。

・海外公演としまして、アメリカ(ハワイ、サンフランシスコ)やオーストラリア、
 スペイン、サイパン、マレーシア、台湾などにお招きいただき
 舞台を経験させていただきました。

【経歴】
祖母は民謡の師匠・初代貴世旵(きよてる)。
母は三味線の藤本流総師範・藤本生日和(いくひわ)。

祖母と母の影響を受けて、幼少より民謡に親しみながら育つ。
3歳で初舞台を踏む。
6歳6月より、母から三味線の手ほどきを受ける。
中学入学後より、日本クラウン専属歌手の鎌田英一氏に民謡の指導を受ける。
また美波流鳴り物の美波駒和師より、鳴り物と囃子言葉の指導を受ける。

昭和49(1974)年、財団法人日本民謡協会少年少女大会にて入賞。
 その後も各コンクールに出場し、入賞・優勝経験を重ねる。

昭和55(1980)年、美波流家元より鳴り物
美波駒和美(みなみ こまかずみ)』 の名を許される。

昭和57(1982)年、添田賀都子師より囃子言葉
添田賀都美(そえだ かずみ)』 の名を許される。

昭和62(1987)年より、フジテレビ『キンカン民謡セレクション』に
 鳴り物伴奏者としてレギュラー出演。

平成元(1989)年より、藤本会本部より端唄の指導を受ける。

平成2(1990)年より、端唄協会への入会を許され協会主催演奏会へ出演

平成3(1991)年より、邦楽の友社主催「名流端唄演奏会」へ出演。

平成4(1992)年、美波流家元より『美波駒和美(みなみ こまかずみ)』として
 鳴り物の師範位を拝受


平成5(1993)年、郷土民謡民舞全国大会にて
 『岡崎五万石』を演じて優勝。

平成6(1994)年より、藤本流二代目家元 藤本e丈師に
 三味線の指導を受ける。

平成7(1995)年より、報知新聞社主催「邦楽端唄演奏会」へ出演。

平成10(1998)年、藤本流家元より『藤本秀旵美(ふじもと ひでてるみ)』として
 藤本流三味線大師範位を拝受


平成13(2001)年より、長唄囃子方 梅屋勝六郎師より指導を受ける。

平成14(2002)年、添田流家元添田賀都子師より
 『添田賀都美(そえだ かずみ)』として
 添田流囃子言葉の師範位を拝受

 また、キングレコード『端唄俗曲全集第十二集』にて
 『我しが在所』『推量節』をレコーディング。

平成17(2005)年より、NHK-FM放送『日本の民謡』に
 鳴り物伴奏者として定期的に出演。

平成20(2008)年より、NHK-FM放送『民謡をたずねて』に
 鳴り物伴奏者として定期的に出演。

平成21(2009)年より、NHK総合テレビ『それいけ!民謡うた祭り』に
 鳴り物伴奏者として定期的に出演。

tuzumi.jpg

【関連する記事】
posted by 駒和美 at 06:00 | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310264810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。